バイト先の店長(既婚者)とセフレ

バイト先の店長(既婚者)とセフレ関係になった美大生の体験談

私は東京の美大に通うために上京した学生でした。
高校生から付き合っていた彼氏とは遠距離恋愛でした。

 

彼氏と遠距離恋愛になって1年を過ぎた頃、彼氏と破局寸前とも思えるケンカをしてしまい、
ひどく落ち込んでバイト先のパン屋さんに出勤しました。
私の様子を心配してくれた店長が、閉店後に家に来るように声を掛けてくれました。
奥さんと子供さんは夏休みで、奥さんの実家に帰っていて留守だから遠慮はいらない、と。
私は店長の部屋でお酒を飲ませてもらいながら、事情を打ち明けました。
店長に大人の男の人の包容力とでもいうのでしょうか、そういった物を感じた私は
店長に体を預けてしまいました。
それから10日に一度ほど、閉店後に店長とラブホテルに行ってセックスをする関係が始まりました。

 

私の感覚としては、父娘のようでもあり時に恋人のようでもあり、不思議な距離感でした。
店長には家族があり、私も地元に戻ったら結婚も考えたい彼氏がいましたから、
本当にセックスフレンドです。
Tバックの下着を着けるようになったのも店長の勧めからです。
彼氏と会ってセックスをする時も、店長に教えられたテクニックで喜んでもらえました。

 

店長とセックスをするようになってから、彼氏への不満が薄れました。
おおらかな気持ちで接することができるようになった感じです。
会いにくる予定がダメになった、と言われても、そんなに落ち込まなくなりました。
一方で、彼氏の知らないところで彼氏の知らない男性とセックスをしているということで、
彼を裏切っているという罪悪感も拭いきれませんでしたけれど。

 

店長との関係は、私が大学を卒業して地元に戻ることになって終わりました。
またいつか、泣きたくなるような事があったらおいで、とも言ってもらえました。

 

一般的にセフレというとネガティブなイメージかもしれませんが。
私は地元を離れ、彼氏とも遠距離恋愛で寂しい中で、とても癒されたものでした。
誰にも迷惑をかけずにセフレとの関係を持てるのなら、セフレも悪いものではないと思います。