出会い系 セフレ メリット デメリット

セフレを作るメリット!出会い系サイトで探すのはデメリットが多い?

私は、これまで出会い系サイト、職場、趣味のサークル、同窓会、勉強会、友人の結婚式への列席を通じてセフレを作ってきました。

 

これらの出会いのうち、出会い系サイトでのセフレ作りは、リスクが小さいというメリット以外は何も旨みがないため、今は行っていませんし、今後やるつもりもありませんので、除外します。

 

その他の出会いによるセフレについて、私が感じたメリットは次のとおりです。

 

1プロセスが要らない

遊びに行く、食事、飲むといったプロセスは要らず、すぐにセックスができる。

2お金がかからない

1のプロセスに係る費用は、ホテルに行く前にコンビニによって、食料品を買い込めばO.K!
二人ともやりたいのだから、必要なものだけ入手すれば、あとはホテルへGO!
今のセフレとは、ホテルに行く途中のコンビニで買い込み、ホテルでセックスして、一息ついたら食べるということが多かったです。
さらに、一人暮らしのセフレだと、家になだれ込むことも可能であり、ホテル代までかからなくなるということに。
今のセフレとは、最初はホテルだったのですが、今は、お互いの家を行き来する仲になり、ホテル代もかからなくなりました。

3スリルを楽しめる

これは、セフレによりにけりなので、必ずしも全てに該当するとは言えません。
一生をその相手と過ごすわけではないこともあり、スリリングなことができます。
過去のセフレのうち2人は、女子寮に住んでいたのですが、夜中に女子寮に忍び込んで、やることして、朝にこっそりと帰ったりしました。
あと、ハメ撮りも何人かとしました。

4通常と違ったプレイができる

これは、セフレを持つ男性は皆言うことですが、私も同じです。
ただ、私の場合は、アブノーマルにはなりきれないので、生理中の中出し、パイパン、アナル(指入れ)くらいが限界でした。

5素直に性癖を言える

これが一番大きいかも知れません。セフレであれば、お互いしたいことを言いやすいことです。私は、生派なので、生中出ししたいとわがままを言えました。出会い系サイトと違い、妊娠しても逃げることができないのが相手にもわかっていたので、1人を除いては全員中出ししています。今のセフレも当然、中出しです。逆にアナルセックスは、相手が嫌がったので、無理強いせず、やりませんでした。いずれにしてもお互いが素直に希望を言い、気持ちいい関係が維持できる範囲で合意をしながらやるというのが楽しく、長続きする秘訣に思います。